クンニの責め方

性行為は、男女の愛、快楽、子供作りを目的とした実技です。
10代から60代、70代など、生涯現役を続けて楽しむ人もいます。
しかし、性行為と一口に言っても、前戯から挿入まで様々な体位があります。
キス、ペッティング、愛撫、尺八、69から四十八手まで、体位によって快感、オーガズムが違ってきます。
まず、性行為の基本は、見つめ合う、手を握る、抱き合うからキスへ移行して行きます。
キスは、ソフトから舌を絡める濃厚なものまで、自然な流れでする事が理想です。
女性は、嫌な人意外は、キスを拒む事はないので性行為への第一歩になります。
そして、首筋、耳、うなじなどにキスを行い女性の反応を楽しみます。
次に、胸を触る、揉む行為から服を脱がしていき、乳房、乳首を弄ってみましょう。
乳首も、ソフトに舐める行為から強く吸う、軽く噛むなど、愛撫を行います。
女性の性感体は、体全身にありますが、特に、乳首、女性器は、最も感じる部位になります。
胸から、下腹部へ少しずつ進み、女性器へ到達すると指で弄ってみます。
女性器は、クリトリス、大陰唇、小陰唇、膣があり、強く弄る事は最初は厳禁です。
クリトリスをソフトに弄り、次に舐める行為クンニをしてみましょう。
女性は、性器を舐められる事で恥ずかしさと淫らな気持ちが、混じって興奮、感じてきます。
感度が良い女性は、愛液の量も多く喘ぐ声も大きくなります。
クリから大陰唇、小陰唇へ進み、丁寧に舐める事で女性も愛されていると実感します。
そして、Gスポット、膣へ舌を這わして強めに舐めてみましょう。
激しく、ハードに舐める事で、女性は、オーガズムへ達するようになります。
女性器を舐める行為は、挿入への合図になるので大事と言えます。
また、クンニを行う体位も、正上位スタイル、69スタイル、横向きスタイルなどが行いやすくなります。
女性を気持ちよくするだけなら、正上位、男性自身も気持ちよくなりたいなら69スタイルがオススメです。
性行為において舐める行為は、上手く丁寧に行う事で快感が増していくでしょう。

参考:クンニのやり方|セックステクニック